• アイラブトーフ

ふるふる豆乳杏仁豆腐

時々無性に食べたくなる杏仁豆腐。

豆乳でさっぱり杏仁豆腐を作ってみませんか?


〜ふるふる豆乳杏仁豆腐〜


なんとなくお店で食べるイメージが強い杏仁豆腐ですが

杏仁霜を使えば、本格的な杏仁豆腐に✨

シロップはお子ちゃまも食べることを考えて

砂糖と熱湯とレモン果汁で作りましたが。


ライチリキュールを少したらすと、大人の味に✨

お酒飲みのお父さんも満足な杏仁豆腐の出来上がり。


ふるふるに作った杏仁豆腐に

ぶどうを添えて、秋の味覚をお楽しみくださいね。



【ふるふる豆乳杏仁豆腐】

《材料(3人分)》

・豆乳 350ml

・水         100ml

・杏仁霜       大さじ3

・砂糖        大さじ3

・粉ゼラチン 5g

・ふやかす水     大さじ2

・ぶどう(飾り) 8〜10粒

・ミントの葉 数枚

〈シロップ〉

・熱湯 40ml

・砂糖         20g

・レモン果汁     小さじ1(大人は+ライチリキュール小さじ1)


《作り方》

1. ボウルにゼラチンをふやかす用の水を入れて、ゼラチンをふり入れておく。

2. 小鍋に杏仁霜と砂糖と水100mlと豆乳100mlを小鍋に入れて、ふつふつとろりとするまで火にかける。

3. 一旦火を止め、ゼラチンを入れてよく混ぜてから、弱火にして豆乳を少しづつ入れながらよく混ぜる。

 ゼラチンが溶けたことを確認したら、火を止める。

4. 器に入れて冷蔵庫で1時間くらい冷やす。

5. シロップを作る。熱湯と砂糖とレモン果汁を入れて、よく混ぜて砂糖が溶けたら冷蔵庫へ入れて冷やす。

6. 飾り用のぶどうを洗って4等分に切り、杏仁豆腐の上にのせる。ミントの葉を飾って出来上がり。


【ふるふる豆乳杏仁豆腐(1 人分)】

・カロリー 158.2kcal

・たんぱく質 6.8g

・脂質 2.4g

・糖質 28.2g

・葉酸 33.4μg

・カルシウム 54.9mg

・マグネシウム 33.6mg

・食物繊維 0.28g



監修:山口典子 さん

管理栄養士・杏林予防医学研究所認定講師・エキスパートファスティングマイスター・アロマ音叉療法士

17年間老人病院に勤め、なんとか口から食べてもらいたいと頑張るも、皆胃ろうチューブにつながれて亡くなるのを見てピンピンコロリの予防医学を志す。人がいかに日々幸せに過ごせるには健康が不可欠と思い、健康マニアに。細胞がヨロコブような美味しい食事、香り、音を日々追及している。食べるの大好きファスティングマイスター。 今の関心事は腸と自分断捨離。お得と開運という言葉に弱い。 → Facebook

何でも食べ過ぎは禁物です。バランスの良い食生活で毎日を楽しく(๑´ڡ`๑) !

34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示