• アイラブトーフ

節分に 恵方巻のおともに おかずも巻き巻き 信田巻き

2月3日は節分

恵方巻は食べるとして、おかずは何にしようかしら。

鰯は子供が食べないし。なにか気の利いたおかずないかしら。

この際巻きまくっているのはいかがでしょう?


~節分に 恵方巻のおともに おかずも巻き巻き 信田巻き~


手の空いた時に巻いて煮ておけば良いので、夜ご飯の時は切って

出すだけなのも嬉しいところ。


おからと野菜がたっぷり入っているので、食物繊維豊富♡

「うちの子、お肉ばかり食べて野菜をちっとも食べない。」

「コロコロうんちをなんとかしたい」

というお悩みの方にもオススメです。


少ないひき肉でできるので、家計にやさしいのもお得✨


余ったら次の日のお弁当にも最適です。

切って冷凍できるのも嬉しいところ。


おかずも巻き巻き『信田巻き』お試しあれ~♪


❂信田巻き(3~4人分)❂


・鶏むねひき肉   100g

・おから      40g

・まめたま     1/4個(20g)

・片栗粉      大さじ1

・塩        ふたつまみ

・生姜       1かけ

・油揚げ      1パック(2枚入り)

・人参       1/2本

・いんげん     10~12本

・お湯       鍋1/3(野菜茹で・油抜き用)

・水        300㎖

・醤油       大さじ2

・砂糖       大さじ1

・みりん      大さじ1


【作り方】

①いんげんは筋をとる。人参を千切りにする。生姜はみじん切りにする。

②油揚げはのし棒でのして、長い方の端を切って開く。短い方の辺に包丁を入れて油揚げの開きにする。

③鍋にお湯を沸かし、①のいんげんと人参を茹でてザルにとり、そのお湯で油揚げも油抜きする。

(切り落とした油揚げの端は細かく刻んでおく)

④鶏むねひき肉・おから・まめたま・油揚げのみじん切・片栗粉・塩を入れてよく混ぜる。⑤最後に生姜のみじん切りをいれて混ぜる。2等分にしておく。

⑥油抜きした油揚げをまな板の上に2枚広げ③の肉だねを薄く広げる。

⑦ゆでた人参やいんげんを端におき、巻き寿司の要領で巻く。巻き終わりを楊枝で縫うように留める(2~3か所)

⑧水・醤油・砂糖・みりんを鍋に入れて沸騰させて、そこに④を入れる。落し蓋(またはクッキングペーパー)をのせて煮る中火で7分くらい煮たら火を止める。

⑨冷めてから切る。(冷めてから切ったほうが見た目がきれい)皿に盛り付ける。



監修:山口典子 さん

管理栄養士・杏林予防医学研究所認定講師・エキスパートファスティングマイスター・アロマ音叉療法士


17年間老人病院に勤め、なんとか口から食べてもらいたいと頑張るも、皆胃ろうチューブにつながれて亡くなるのを見てピンピンコロリの予防医学を志す。人がいかに日々幸せに過ごせるには健康が不可欠と思い、健康マニアに。細胞がヨロコブような美味しい食事、香り、音を日々追及している。食べるの大好きファスティングマイスター。 今の関心事は腸と自分断捨離。お得と開運という言葉に弱い。



Facebook

何でも食べ過ぎは禁物です。バランスの良い食生活で毎日を楽しく(๑´ڡ`๑) !

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示