top of page
  • アイラブトーフ

おとうふの甘辛煮

寒くなってきましたね。温かいもの食べたいなあと思うこの頃。

そんな時、おとうふと卵でパパっと作りたい



おとうふは、水切りの必要もないので全工程で5~10分で出来上がるのがうれしいメニュー。

卵の動物性たんぱく質とおとうふの植物系たんぱく質が、バランスよく摂れる一品です。

やさしい甘辛味が、すき焼きのおとうふと卵の関係のように、万人に受ける味。

ご飯にのせて食べるもよし、おつまみにするもよし。

冬の定番メニューになるメニューです。


《材料(4人分)》


  • とうふ屋の木綿 350g

  • 醬油 大さじ2

  • 砂糖 大さじ1

  • みりん 大さじ1

  • 水 大さじ1

  • 卵 2個

  • 青ネギ 3本

  • かつお節 2g

《作り方》


  1. 青ネギを刻んでおく。

  2. 木綿豆腐は軽く水を切り、パックの中で一口サイズに切る。

  3. 鍋に調味料を入れてひと煮立ちさせたところに、1の木綿豆腐を入れる。 中火で5分くらい煮たら、かつお節を入れて混ぜる。

  4. 卵をボウルに割り入れてよくかき混ぜ鍋に入れて軽く混ぜる。

  5. 卵がとろっと固まってきたら、深皿に盛りつける。刻んだ青ネギをのせてできあがり。



【おとうふの甘辛煮(1人分)】

  • カロリー 137kcal

  • たんぱく質 10.6g

  • 脂質 6.8g

  • 炭水化物 6.8g

  • ビタミンK 17.2μg

  • 葉酸 69.4μg

  • カルシウム 124.4mg

  • マグネシウム 37.1mg

  • 鉄 1.52mg

  • 食物繊維 0.41g

  • 食塩相当量 1.43g

 

監修:山口典子 さん

管理栄養士・杏林予防医学研究所認定講師・エキスパートファスティングマイスター・アロマ音叉療法士


17年間老人病院に勤め、なんとか口から食べてもらいたいと頑張るも、皆胃ろうチューブにつながれて亡くなるのを見てピンピンコロリの予防医学を志す。人がいかに日々幸せに過ごせるには健康が不可欠と思い、健康マニアに。細胞がヨロコブような美味しい食事、香り、音を日々追及している。食べるの大好きファスティングマイスター。 今の関心事は腸と自分断捨離。お得と開運という言葉に弱い。



Facebook

何でも食べ過ぎは禁物です。バランスの良い食生活で毎日を楽しく(๑´ڡ`๑) !

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page